豊橋市の永代供養なら医王寺。さざんかの観光と御朱印で多くの方々が訪れる寺院です。

さざんかの由縁

寺の東側にある『さざんか園』も含め、敷地内には全国から集められた山茶花が175種、約2000本以上植えられています。十一月から二月までが見頃で、十二月年末まではライトアップもしております。また、事前にご予約いただければ、住職がご案内させていただきます。

慈光殿(薬師堂)

静かな時間が流れる永代供養のお位牌堂です。木の香りが立ちこめ、本尊に見守られる長閑な空間になっています。

御朱印

お寺のご案内

 曹洞宗瑠璃山・医王寺、通称「さざんか寺」の敷地内には、1000本以上のさざんかが植えられており、色は白や赤、薄紅、花弁は一重や八重などさまざまな品種を鑑賞することができます。
 境内には、さざんか寺のシンボルである樹齢250年のさざんかが茅葺の家をイメージに形成され、見事な手入れによって、私たちを魅了し楽しませてくれます。
 弘法大師・准四国39番札所になっております。

ページのトップ